インフルエンザと聞いたらタミフルと答える人が大半だと思いますがリレンザというライバルもいます。ライバルを倒してタミフルでインフルエンザの世界を統一してしまいましょう!タミフルジェネリックは仲間です!

風邪でタミフル服用したら筋肉痛

毎年のように12月から3月頃の期間では、インフルエンザや風邪が流行することが多くなります。
インフルエンザと風邪とでは、症状を発症させるウイルスの種類が異なるものとなり、風邪の場合であれば鼻水や咳、喉の痛みなどの症状があらわれますが、インフルエンザであれば40度に近い高熱を発症する点が特徴と言えます。
インフルエンザウイルスに感染したときには、2日間ほどの潜伏期間をおいて、3日目ごろには全身の倦怠感や関節痛、筋肉痛などの痛みが5日間ほど継続します。
重症化したときには肺炎や気管支炎を発症することも考えられますので、早めに治療する必要があります。
経口タイプの抗インフルエンザ薬として知られているものがタミフルで、A型とB型のインフルエンザの治療薬として有効です。
タミフルは毎日1日2回の服用を、5日間継続することになります。
タミフルの有効性が高いのは、症状があらわれてから48時間以内となっていますので、インフルエンザを発症したと考えられるときには早めに服用する必要があります。
インフルエンザを発症したときには筋肉痛などの症状があらわれますので、タミフルの副作用というわけではない可能性があります。
タミフルは医薬品で、発症率は低いものの副作用の症状が出る可能性もあります。
タミフルを服用した際にあらわれる副作用としては、腹痛や頭痛、下痢、吐き気などの症状となります。
体調不良に陥ってしまったときには、服用を中止して医師に相談することが適切となります。
家族などがインフルエンザウイルスに感染したときには、未然に服用しておくことで感染を予防する効果もあります。
インフルエンザの予防を目的として服用するときには、健康保険が適用されないことを把握しておくことが大切です。