インフルエンザと聞いたらタミフルと答える人が大半だと思いますがリレンザというライバルもいます。ライバルを倒してタミフルでインフルエンザの世界を統一してしまいましょう!タミフルジェネリックは仲間です!

流行状況を知りタミフルを内科で

インフルエンザは一度かかると、高熱や関節の痛みなどの症状がひどく、罹った本人はかなりつらいものです。しかも感染力が強いため、家族や職場の人たちに感染させてしまうことがしばしばあります。このような事態を避けるためにも、予防接種をきちんとして、極力感染を防ぎたいところです。しかしインフルエンザには様々なタイプがあり、予防接種をしていても、必ずしも完璧とはいえません。もちろん規則正しい生活を送る、帰宅したら必ずうがいをして手を洗うなどの対策も大事ですが、抵抗力の弱い子供や高齢者の場合は、それでも追い付かないこともあります。そのような場合は、あらかじめ薬を服用しておくことで、いくらかの予防をすることができます。
このような時によく用いられる薬に、タミフルがあります。このタミフルはインフルエンザに効果がある薬で、これを内科のクリニックであらかじめもらっておき、服用しすることで、感染をかなり防ぐことができます。ただしこの場合は、病気になってからの処方ではないため、保険が適用されず、実費負担になることがあります。その点に気を付けておきましょう。もちろん、医師や薬剤師の指示をきちんと守り、自分で勝手に飲む量を増やしたり、あるいは減らしたりしないようにしてください。
また、タミフルを服用した場合は、異常行動がみられるという報告もあることから、なかなか服用に踏み切れないという人もいます。しかしどのような薬にでも、主たる作用と副作用の両方が存在し、副作用は極力減らす方向に開発がなされています。ですから一度服用してみて、もしおかしい場合は医師に相談するようにしてください。また子供の場合は、万が一のことを考えて、服用後は段差のある所などには行かせないようにしましょう。