インフルエンザと聞いたらタミフルと答える人が大半だと思いますがリレンザというライバルもいます。ライバルを倒してタミフルでインフルエンザの世界を統一してしまいましょう!タミフルジェネリックは仲間です!

治癒報告書ではタミフルは新型にも効く?

インフルエンザは現代社会においてもっとも脅威となっている感染症の一つでしょう。先日発表されたとある研究機関のレポートによると人類の滅びの原因としてウイルスのパンデミックが指摘されています。ほんの数年前新型インフルエンザが爆発的に流行しました。これもある意味ではパンデミックに近いもので、この新型インフルエンザの流行の際はワクチンの開発がうまくいたなどの理由で対応することができました。
インフルエンザは実際、毎年流行するたびに少しずつ形態を変化させており確実に進化しています。現在の程度の変化ならばタミフルなどの従来の薬品で処置ができるのが現状です。タミフルは抗インフルエンザウイルス剤の代名詞ともいえる治療薬であり、日本に於いては幾つかの異常行動事件などの影響のため10代の患者への投与が中止されていますが、非常に強力な作用を持っているので幅広く利用されています。では、こうしたタミフルは新型のインフルエンザにも効果を発揮することができるのでしょうか。
タミフルの抗ウイルス作用が働くのはA型インフルエンザと多少効果は落ちてしまいますがB型インフルエンザといわれています。現状、C型インフルエンザには有効な作用を示していません。一方で、一部の鳥インフルエンザなどにはある程度の治療効果があるという治癒報告書も存在しています。また、タミフルの利用によって、薬への耐性が強いウイルスが発生しているのもまた確かであり、薬の開発とウイルスの進化はまさに一進一退の攻防となっています。タミフルの効果が出にくいC型インフルエンザは局地的なエピデミックの危険性が少なく、重症化のしないウイルスであり現状危険視する必要はありません。