タミフルの世界

インフルエンザと聞いたらタミフルと答える人が大半だと思いますがリレンザというライバルもいます。ライバルを倒してタミフルでインフルエンザの世界を統一してしまいましょう!タミフルジェネリックは仲間です!

タミフルでインフルのない世界を

世界中で毎日のように何かの感染症やウイルスによって命を落とす人がいます。人類は常に昔からウイルスや細菌との戦いを強いられてきました。特にウイルスは生き残りをかけて巧みにその型を変異し、現代まで生き延びてきました。変異することでウイルスにとって生き続けやすい環境を探しだし、今日まで生き延びてきました。人間の体にうまくウイルスが侵入してもそれに対抗して抗生物質を用いてウイルスに対抗していきます。人間の体に抗体ができ一度体が記憶すると、再びその体にウイルスが侵入しにくくなるのでウイルスが巧みに変異して、増殖しやすく生き延びやすい人の体を求めて侵入します。そのため人と薬物、ウイルスの戦いは半永久的に続くことになります。特に最近脅威となったのがエボラ感染熱です。抜本的な治療薬がないと言われ多くの人々が高熱を出し、最後は吐血して命を落としました。しかし思わぬ治療薬がエボラ感染熱に有効であることがわかりました。それがインフルエンザの治療薬であるタミフルとリレンザと言う治療薬でした。エボラ感染熱のウイルスの増殖をこれらの薬が食い止め、世界規模での大流行にならず無事感染は終息に向かいました。日本からも感染者の多かった南アフリカに向けてたくさんのタミフルやリレンザが届けられました。このことをきっかけに、これらの薬がインフルエンザだけでなく様々なウイルスに有効であることが実証されました。しかし今世界ではエボラ感染熱だけでなく、香港型やB型、鳥インフルエンザなどで命を落とす人が依然として存在します。とくに発展途上国では医療技術や設備、薬が十分ではありません。そのためさらに薬価が安くなってこうした発展途上国にも十分タミフルやリレンザが届けられるような時代になることを多くの人々が願っています。

■インフルエンザになる前に治療薬を準備できる
インフルエンザを治療するのに通院が必要ないらしい